ソメイヨシノ

Cerasus × yedoensis (Matsum.) Masam. et S.Suzuki

最初から余談ですが学名の最後にS.Suzukiと入っていますが、当然のことながら私は関係してしません。東京帝国大学植物学教室の松村任三教授がPrunus × yedoensisと学名を付けた後、サクラ属の系統を見直した正宗厳敬先生(正宗白鳥の弟)と鈴木重良先生によりCerasus属に移されてこのような命名者名になっています。

日本(というかたぶん世界)で一番多く、植えられているサクラです。江戸時代にエドヒガンとオオシマザクラ(ではなく、どうもオオシマザクラとヤマザクラの交雑種らしい)が自然交雑、あるいは交配してうまれた栽培品種です。そして、挿し木、接ぎ木を繰り返しているクローンです。

駒沢キャンパスには、8号館脇や禅研究館前などに植えられています。今年の開花は、私の目では3月28日。満開は、4月3日でした。気象庁の生物季節観測を代表する花でもあります。ちなみに気象庁発表の今年の東京(靖国神社)の開花は3月29日(平年より5日遅れ)、満開は4月4日(平年より4日遅れ)でした。先ほど触れたように、全てのソメイヨシノは遺伝子は一緒ということで、これほど生物季節観測に適した樹木はないのかなと思います。

第71回日本生態学会大会

青学の地理学会では、高大連携プロジェクトで関わった高校生ポスターセッションで高校生(4月からの地理学科の学生)に声かけをしてきました。その後、東横線に乗って、横浜に移動してきました。

今回の生態学会は、ハイブリッド開催ということで、昨日からは横浜国大の会場でシンポジウム自由集会が行われています。今日は、16:30からの自由集会「タケササ一斉開花研究の現在地」に参加です。

自分自身の発表は、オンライン開催の初日(16日)のうちに終わらせていて、「石見銀山石銀集落跡におけるハチク開花の経過」を始めて、パワーポイント録画形式でやりました。発表テクニック的にまだまだ不十分だったなという感じです。発表内容も中間報告でしたし。

2024年日本地理学会春季学術大会

今日、明日と春の日本地理学会に参加です。今回は青山学院大学で開催です。

午前中は植生関連の口頭発表を聞き、昼から午後にかけては、資格専門委員会と相談室のお仕事、夕方からポスター発表と会長講演を聴きました。

高大連携

応用地理研究所の高大連携プロジェクトの一環で、駒澤大学高校の3年生(附属校推薦合格者が中心)による、地域調査の中間発表に行ってきました。今年から、高校の先生とともに、進路別学習の位置付けで、世田谷での地域調査の実習に大学教員や大学生のボランティアがサポートする体制を作りました。

高校生の成果は、春の日本地理学会高校生ポスターセッションで発表の予定です。

卒業論文発表会

今年の卒業論文発表会が終わりました。4年生はそれぞれの卒論をしっかりと発表してくれました。提出後にブラッシュアップされた内容もあって、教員としては嬉しい限り。

景観生態学連続セミナー「自然環境政策と景観生態学」

2024年1月11日(木)9:00~11:00に、日本景観生態学会企画交流委員会による、「景観生態学連続セミナー」が行われます。 教科書(景観生態学)の内容を解説する連続セミナーです。今回は、「自然環境政策と景観生態学(14章1〜2節)」がテーマです。
無料のウェビナーです。学生の皆さんも是非ご参加下さい。以下のページから参加申し込みが必要です。