研究テーマ

研究題目:竹林の拡大特性とそれに基づく持続可能な管理手法の開発
主な調査地域:千葉県大多喜町、滋賀県近江八幡市、島根県大田市、広島県竹原市

1.竹林の拡大特性の解明
竹林の拡大が、どういったところで進みやすく、どういったところで止まっているのかを解明しています。
2.モウソウチク林の拡大プロセスの解明
どのようにしてタケが周囲の林や畑に、侵入しているのかを解明しています。
3.竹林の拡大に伴う生物多様性の衰退の解明
写真のように、竹林になってしまうと林床に生えている植物は少なくなってしまいます。どのくらい少なくなるのかを解明しています。
4.モウソウチク林の伐採手法の生態学的評価
では写真のように、荒廃してしまった竹林はどのようにして伐採すればよいのでしょうか。より森林の回復を助ける伐採手法を検討しています。
5.竹関連産業の動向の把握
全国のタケノコ・竹材の生産動向を調べることにより、竹産業の立地の地理的研究をおこなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です