作成者別アーカイブ: shigeo

竹林景観ネットワーク第32回研究集会のお知らせ(第3報)

下記の通り、竹林景観ネットワーク第32回研究集会&エクスカーションを2023年12月16日~17日に静岡県三島市とその周辺で対面&オンライン形式で行います。

2023年12月16日(土) 研究発表会・懇親会(対面&オンライン)
2023年12月17日(日) エクスカーション(対面のみ)

■研究発表会
日時:2023年12月16日(土)13:15~16:30
開催方法・場所:三島市民文化会館第2会議室、およびZoomを利用したオンライン形式のハイブリッド形式。対面は定員35名
参加費:無料

○プログラム
12:45 開場

13:15~14:30  口頭発表(前半)
13:15~13:40 小林慧人、小笠真由美、山下直子(森林総研関西):異なる光条件下におけるモウソウチク実生の成長と光合成特性(オンライン)
13:40~14:05 久本洋子(東京大学秩父演習林)・綱本良啓(北海道立総合研究機構)・小林慧人(森林総合研究所関西支所)・福島慶太郎(福島大学農学群)・鈴木重雄(駒澤大学文学部)・小林剛(香川大学農学部):120年ぶりの開花期にあるハチクの遺伝構造解析
14:05~14:30 鈴木重雄(駒澤大):上高地徳本峠登山道周辺におけるシナノザサの開花

14:30~14:55 ポスター発表
西山典秀*(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所)、小林慧人(国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 関西支所)、笹原千佳(合同会社 Bamboo Salon)、大谷悠巴(合同会社 Bamboo Salon):竹サロンのこれまでとこれから
荻田信二郎(県立広島大・竹林整備プロジェクト):都市近郊竹林との共創 ~広島市南区仁保の取組~

14:55~15:05 休憩

15:05~16:45  口頭発表(後半)
15:05~15:30 鷺島悠人(国際基督教大学学生):学生に身近な竹林管理を目指して、国際基督教大学「昼休みに竹を切る会」の紹介
15:30~15:55 大谷悠巴(合同会社Bamboo Salon):門松における竹の形態
15:55~16:20 柏木治次(株式会社エコパレ):竹の魅力を生かす
16:20~16:45 宮坂里司(みらい建設部):みら建の竹林活動
17:00 会場完全撤収

■懇親会
日時:2023年12月16日(土)17:30~19:30
場所:沼津魚がし鮨 三島大社通り店(静岡県三島市大社町14-3) 20名程度まで
参加費:5,000円(予定)

■エクスカーション
日時:2023年12月17日(日)9:15(JR三島駅北口集合)-15:30(JR新富士駅富士山口解散)
場所:富士竹類植物園、トライアルパーク蒲原の見学(マイクロバスで移動の予定)
参加費:4,000円(予定) 定員は27名

【参加申込み】
発表の申し込みは締め切りました。懇親会・エクスカーションの申し込みは12月9日(土)です。定員に達し次第、閉めさせていただきます。
研究集会への参加は、前日までにお申し込み下さい。準備でき次第、ZoomのURL等をお送りします。

【発表について】
発表形式は対面またはオンラインでの口頭発表形式、またはポスター発表形式とします。口頭発表は、各自のパソコンもしくはタブレット端末でPowerPoint、Acrobat等のプレゼンテーションソフト等の画面を共有して、発表を行っていただきます。発表時間は、質疑を含めて25分を予定しています。ポスター発表は、会場にパネルに掲出し、ポスター発表時間にディスカッションをおこなえるようにします。

申し込みフォーム

https://docs.google.com/forms/d/1V4Y-a7hsRxLWbVouHvLMsoHytELhkGPqVojAQ8FECI0/

第3回地理学科公開講演会

2023年12月15日(金)に駒澤大学地理学科の公開講演会「防災は身近な総合科学」が開かれます。

chrome-extension://efaidnbmnnnibpcajpcglclefindmkaj/https://www.komazawa-u.ac.jp/gakubu/bun/geography/announce/2023/231120.pdf

景観生態学連続セミナー「ビッグデータと景観生態学」

2023年12月19日(火)20:00~21:30に、日本景観生態学会企画交流委員会による、「景観生態学連続セミナー」が行われます。 教科書(景観生態学)の内容を解説する連続セミナーです。今回は、「ビッグデータと景観生態学~ラージスケールと生物多様性の視点から(仮)(15章4節)」がテーマです。
無料のウェビナーです。学生の皆さんも是非ご参加下さい。以下のページから参加申し込みが必要です。

https://jale-japan.org/event-announcement_231125/

竹林景観ネットワーク第32回研究集会のお知らせ(第2報)

下記の通り、竹林景観ネットワーク第32回研究集会&エクスカーションを2023年12月16日~17日に静岡県三島市とその周辺で対面&オンライン形式で行います。

2023年12月16日(土) 研究発表会・懇親会(対面&オンライン)
2023年12月17日(日) エクスカーション(対面のみ)

■研究発表会
日時:2023年12月16日(土)13:30~16:30
開催方法・場所:三島市民文化会館第2会議室、およびZoomを利用したオンライン形式のハイブリッド形式。対面は定員35名
参加費:無料

■懇親会
日時:2023年12月16日(土)17:30~19:30
場所:未定(三島市内で検討中) 20名程度まで
参加費:5,000円(予定)

■エクスカーション
日時:2023年12月17日(日)9:15(JR三島駅北口集合)-15:30(JR新富士駅富士山口解散)
場所:富士竹類植物園、トライアルパーク蒲原の見学(マイクロバスで移動の予定)
参加費:4,000円(予定) 定員は25名

【参加・発表申込み】
発表の申し込みの締め切りは2023年12月2日(土)です。懇親会・エクスカーションの申し込みは12月9日(土)です。定員に達し次第、閉めさせていただきます。
研究集会への参加は、前日までにお申し込み下さい。準備でき次第、ZoomのURL等をお送りします。
発表形式は対面またはオンラインでの口頭発表形式、またはポスター発表形式とします。口頭発表は、各自のパソコンもしくはタブレット端末でPowerPoint、Acrobat等のプレゼンテーションソフト等の画面を共有して、発表を行っていただきます。発表時間は、質疑を含めて20分程度を予定しています。ポスター発表は、会場にパネルに掲出し、ポスター発表時間にディスカッションをおこなえるようにします。いずれも、下記URLよりお申し込み下さい。

申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/1V4Y-a7hsRxLWbVouHvLMsoHytELhkGPqVojAQ8FECI0/

景観生態学連続セミナー「海辺の景観生態(9章1節~5節)」

2023年10月21日(月)13:30~16:30に、日本景観生態学会企画交流委員会による、「景観生態学連続セミナー」が行われます。 教科書(景観生態学)の内容を解説する連続セミナーです。今回は、海岸の景観生態学がテーマです。
無料のウェビナーです。学生の皆さんも是非ご参加下さい。以下のページから参加申し込みが必要です。

https://jale-japan.org/seminar_231021/

地域環境調査法C巡検4日目

只見町での巡検は最終日です。学生が各自テーマを用意して取り組んだ調査は、あらかた3日目で調査が終わり、時間の都合で1日目には十分回れなかったところを回りました。(天候の関係で、予定通りの調査ができない学生もいましたが。)

解散は、13時としたので、臨時列車の「 びゅうコースター風っこ 」の時間と重なりました。これに会津若松まで乗って、帰京した学生もいました。この列車の前後の時間は、駅前が賑わう只見の町を見ることができました。

地域環境調査法C巡検3日目

今日は一日各自調査です。聞き取り中心の学生は、順調に調査が進んでいますが、植生調査の学生達は、今日も朝から時々強く降る雨のため、調査が滞っています。それでも午後の雨が小降りになった時間に、癒しの森で一緒にフロラ調査をしてきました。これと、昨日の山神杉の登山道とを比較することで、何とかレポートは書けるでしょうか。

地域環境調査法C巡検2日目

2日目の午前中は全体行動で、山神杉のブナ林を目指しました。天気が崩れるという予報だったので、早めに登り始めましたが、栃の木清水まで到着したところで、雨が強くなり、学生にも疲れが見えたので下山しました。 今回は、地元のガイドに説明をしていただいたので、歩きながら、入会利用の話も聞くことができて勉強になりました。

午後から、各自の調査としたのですが、雨が強くなったため、植生調査の学生達は仕事になりませんでした。これは仕方がありません。